脱毛はエステかクリニックか

脱毛はエステサロンで受けるべきかクリニックで受けるべきか悩む方も少なくありません。
エステサロンとクリニックの脱毛法方の違い等を知ってる方も少ないのではないでしょうか。
簡単に説明すると、エステサロンとクリニックの大きな違いは、施術に使用する脱毛機器が違う点と、医師がいる点です。
医療脱毛機器を使用するのはクリニックですが、医療行為として行われているので通常のエステサロンでは使用できないような強い出力をもつレーザー脱毛機を使用できます。高出力レーザーは効果がはっきり実感できますが、高出力と聞くとなんだか不安になってしまいます。
しかしクリニックには医師がいますので、万が一肌のトラブルなど起きた場合でもきちんと対応してくれるのです。
医療系脱毛では、無駄毛が減っていくのがしっかりと実感できます。通常の脱毛エステサロンよりは料金が高いと感じる場合が多いですが、万が一のトラブルにもすぐに対処できるのは大きなメリットでもあります。
しかしながら現在ではクリニックを利用してもエステサロンを利用しても大きなトラブルには至らないようですので、料金を安く済ませたい方や、支店が沢山あって通いやすい方が良いならばエステサロンやエステティックサロンがお勧めです。最近話題の光脱毛は、無駄毛の処理時間も早く殆ど痛みを感じないので多くの脱毛デビューに利用されているようです。
クリニックもエステサロンもメリット・デメリットがあります。
自分が何を望むのかによって自ずと選ぶべき脱毛法方にたどり着くのではないでしょうか。
参考サイト:http://xn--fbka8iuc3cz955a.com/

脱毛前などに日焼けしてもだいじょうぶ?

こらから脱毛を受けようという期間には。絶対に日焼けをしてはいけないと言われていますが、なぜかというと、日焼けをしてしまうと、お肌が乾燥した状態となり、施術中に痛みが出てくることもあるのです。
また、日焼けをすると、当然ですが茶色、もしくは黒くなってしまいますが、フラッシュ脱毛などだと、光がお肌の色に反応してしまう機種もあるので、そのために痛みがきつくなるということです。
光脱毛は黒っぽい色に反応してしまうので、ターゲットがバラバラになってしまって、無駄毛の根元へ光が十分に行き届かなくなってしまいます。
もし、日焼けをしてしまったら、しばらくの間(1ヶ月くらい)は、脱毛をせず、期間をあけて日焼けの箇所を落ち着かせるほうがいいでしょう。
また、日焼けをしてしまったのは元には戻らないので、少しでも日焼けを落ちつかせることを考えたほうがいいでしょうね。
日焼けをしてしまったお肌には、化粧水とか、乳液、保湿クリームなどをこまめに塗って、しっかりと保湿ケアを行い、乾燥させないようにしましょう。

 

 

脱毛前に日焼けをしてはいけないといわれている理由

 

1.お肌が乾燥しやすくなっている上、日焼けで肌が茶色や黒っぽくなると、脱毛したとき、痛みが出てしまう場合があります。
2.お肌が茶や黒っぽい色だと、毛以外にお肌の色にまで脱毛レーザーの機械の光が反応するため、本来の効果が発揮しにくくなります。
3.太陽の光に焼かれたお肌は、軽いやけどをしているような状態なので、お肌にはよくないのです。

 

日焼けをすると、脱毛したいタイミングがずれるので、計画通り進まないためエステサロンのコースの有効期限内に終わらない可能性が出てきます。
それでは折角脱毛しよう!と決心したのに台無しになってしまうので、夏の時期には日焼け止めを塗るなどをして、なるべく太陽の光でお肌が焼かれないように工夫するといいでしょう。

 

冷え性の原因

冬だけではなく、夏でも体の冷えを感じるのが冷え性です。
温かい季節でも体が冷え、それが原因で体調不良を感じることもあることでしょう。
それでは、なぜ冷え性になるのでしょうか。

 

人間の身体には、体温調節作用が備わっており、暑ければ汗を出すことで体温を下げていきます。人間は体温を36℃〜38℃程度に維持することになっており、体温が低くなると、ホルモンや自律神経の作用により、体温を上げようと努力します。
それにより、全身の器官において熱を放出しないように作用し、熱を何とか作り出そうとしますが、これらの流れのうち、正常に作用しないものがあると、冷え性を発症します。
以下に冷え性の原因を挙げていきます。

 

・皮膚の温度センサーが機能しない
家の中と外の温度差があり、何度もこれらの場所を行き来することで、体温が頻繁に調節され、最後には温度センサーが狂ってしまいます。
これにより、体温を正常に保てなくなり、冷えが起こります。

 

・視床下部の異常
体温を一定に保てるのは、視床下部がしっかり働いてくれているからなのですが、これが正常に機能しなくなると冷えを発症しやすくなります。
視床下部の働きが悪くなる原因としては、ストレス、月経不順、女性ホルモンのバランスの崩れ、睡眠不足などが挙げられます。

 

・筋肉量の問題
筋肉の量が少なければ、冷えやすくなります。
そして、女性に冷え性が多いのは、女性は男性に比べて筋肉の量が少ないからなのです。

 

2014年にはやりそうなサイト

薄毛の治療

育毛をする上で絶対に必要になってくるのが「プロペシア」という内服薬です。プロペシアというものは本来、薄毛の方のために開発された薬ではありませんでした。元々は、睾丸の腫れを抑えるために作られたものなんです。薬を処方された人が副作用として髪の毛が生えるということが起こり育毛効果がある薬として認知され今に至ります。今では安全性も認められ、日本の病院でもプロペシアを処方できるようになりました。ちなみに、プロペシアにはフィナステリドという成分が含まれています。